冬の皮膚のかゆみ | 原因と対処法

こんにちは、藤野台ガーデンヒルの奥山です。

今日は「冬の皮膚のかゆみ」についてお伝えします。

 

シニアの乾燥肌の予防は保湿ではなく補湿!

 

肌の働きと乾燥肌のメカニズム

健康な皮膚には、潤いを保つ働きや、異物の侵入を防ぐ働きが備わっています。

これらの役割を担っているのが「角層」という部分。

角層は皮膚の表面にありますが、夏から秋になって、湿度が下がってくると、この角層から水分が奪われやすくなり、乾燥しやすくなります。

すると、水分を奪われた細胞は縮み、細胞同士の間に隙間が生まれます。すると、さらにその隙間から水分が蒸発しやすくなるのです。

こうして、細胞に潤いがなくなり、細胞間にスキマが開いた状態で、いろいろな刺激に過敏になって、かゆみなどが起きるのです。

これはシニアももちろんですが、若い方でも、同様のメカニズムで痒みなどが引き起こります。

シニア世代の乾燥肌

シニア世代では、加齢により、角層に水分を保つ機能がもともと低くなっており、いわゆる「乾燥肌」になっています。

そこに、湿度の低下という条件が加わると、さらに肌の乾燥が進みやすくなり、痒みが出やすくなるのです。

もともと、角層の水分を失いにくいように、人の肌は「皮脂」も分泌して、潤いを保つような働きも持っています。

が、このような”乾きやすい条件”がかさなると、皮脂分泌の少ない部位や、または衣服などでよく擦れるような部位は、乾燥痒みが出やすい部位となります。

乾燥肌になりやすい部位

乾燥肌になりやすい部位は、このような部位があります。

 

  • 腕全体・手
  • 脇腹
  • すね・ふくらはぎ
  • 背中
  • 肩・肩甲骨の周辺

 

皮脂分泌が少ない「すね」や、衣服との接触が多い「背中」や「ふくらはぎ」などは痒みが起きやすいようです。

また、水仕事や煩雑な作業が多い「手」も皮脂が失われて、痒みが出やすいようです。

特に手は、秋口から気温が下がることもあり、食器洗いや手洗いに「温水」を使用する機会が増えます。

温水は、温度が高い分冷たさがなく快適ですが、石鹸や食器洗剤と組み合わさると、皮脂を洗い流す作用も高くなるため、手の乾燥が進みやすくなります。

手荒れを防ぎたい場合は、あまり暖かい湯で手洗いしないことや、水仕事用のゴム手袋を着用して、適時ハンドクリームなどで保湿すると良いでしょう。

痛みとことなり、痒みときくと、許せてしまいそうですが、四六時中つきまとうしつこい痒みは、かなりのストレスや睡眠の妨げとなり、生活の質を下がります。

また、皮脂欠乏性湿疹などの原因にもなりますので、あなどれません。

毎年、冬になると身体の一部が痒くなる、という方は、秋口から乾燥肌にならないように予防することが大切です。

保湿と補湿

化粧品などで「保湿」という表現には馴染みがあると思います。

保湿とは、角層から水分の喪失を防ぐことです。

例えば、加湿器で湿度を高めに維持するとか、皮脂の代わりになるオイル(油分)などで角層からの水分喪失を防ぐ対処法です。

ですが、保湿はあくまで「角層にある水分の損失防止」ですので、そもそもの肌がカラカラの状態で行っても、あまり意味がありません。

そこでシニアで必要になるのが「補湿」です。

そう、保つ前に、補う必要があります。

保湿には、油分の多い軟膏やオイルが効果的ですが、補湿では、より水分が多いいローション(化粧水)や乳液が効果的です。

ち空気中の水分が少なくなってくる、秋口からは、水分が多くべたつきにくい乳液や保湿剤がオススメです。

いまは、さまざまな化粧水はもちろん、入浴剤などにも、保湿性を高める配合のものがあるので、上手に使うと良いです。

使いごごちの良いものや、自分の好きな香りなど、自分の皮膚やライフスタイルに合うものを上手に選びましょう。

やりすぎも禁物

人間のカラダは、もともと自律的にバランスをとるように仕組みができています。

角層の保湿や皮脂分泌など、維持に必要な分は、本来であればカラダが自然に補うようにできています。

シニア世代のように、その機能そのものが衰えてきて、不足を十分に補えない場合は、外から補うことが必要です。

ですが、あまり過度に保湿を意識しすぎて、軽い乾燥肌なのに、軟膏やオイルをたくさん塗っていると、カラダが本来もっている皮脂分泌の働きが弱まってしまい、逆効果になってしまいます。

あまり神経質になって「甘やかしすぎない」ということも気をつけてくださいね。

[参考資料:NHKテキスト 今日の健康10月号 P104冬の皮膚のかゆみ 上出良一 ひふのクリニック人形町院長 著]

関連記事

  1. シルバー世代の”からだ” 介護者が知…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP